生体膜バリア

SOLVOのバリアベースアプローチは様々なアッセイモデルを統合し、主要な生体膜バリアにおける薬物トランスポーターを介した薬物間相互作用はもとより、ADMEへの薬物トランスポーターの関与を研究するために最適化されています。我々のゴールはそれらのバリアに発現するすべての重要なトランスポーターについてバラエティー豊かなアッセイ法を開発することです。単純なメンブレンベースのアッセイ法、細胞アッセイシステム、モノレイヤーアッセイに加え、SOLVOではより複雑なex vivo及びin vivoテクノロジーを用いてそのポートフォリオの拡大に献身しています。

SOLVO Organ Based Solutionには最も重要な生体膜バリアにおける薬物トランスポーターの役割についての科学的な要旨、提供可能なSOLVOアッセイシステムのリスト及び可能なスクリーニング戦略のご提案が含まれます。それぞれの生体膜バリアを研究するために、奨励される主要な原則(費用対効果、迅速性、当局のガイダンスもしくは着実性と詳細な分析)をベースとしたより多くの戦略を持つことが可能になります。