Ko134 - BCRP 特異的阻害剤

製品 Cell Line トランスポーター テクノロジー メンブレンタイプ プローブ基質 検出系 関連阻害剤 陽性対照 ダイナミックレンジ
SB Ko134 1 mg/ 5mg BCRP

製品説明

SOLVO BiotechnologyはABCG2/BCRPのメンブレントランスポーター阻害試験のために、Ko134を提供しています。

Ko134(the tetracyclic fumitremorgin C (FTC) analog)はABCG2 (BCRP) 多剤耐性トランスポーターの強力かつ特異的な阻害剤です。
弊社のデータではKo134のBCRPに対するIC50値が0.070 µMであるのに対し、P-gpに対してはIC50 > 1 µMとの結果を得ています。対照的に、GF120918(模範的なP-gp阻害剤)はBCRP (IC50=7.906)よりもより強力にP-gpを阻害します(IC50=0.132)。詳細はAllen et al, 2002. をご覧ください。

 P-gp IC50
(µM)
BCRP IC50
(µM)
Ko134>10.070
GF1209180.1327.906

Ko134は、そのin vivo 及び in vitroにおける効果的な濃度での無毒性により研究室での優れた試薬であると言えます。


Figure 1. 蛍光標識細胞アッセイにおけるKo134 のHoechst 33342 (BCRP 基質)の排出に対する阻害効果 。


Figure 2. SB-BCRP-Sf9 メンブレンでのvanadate sensitive ATPase 活性のKo134による阻害作用


Figure 3. SB-BCRP-M メンブレンでのvanadate sensitive ATPase 活性のKo134による阻害作用


Figure 4. Ko134 は各濃度においてBCRP を発現したP388細胞でのSN-38 (BCRP の基質である抗がん剤)の細胞毒性を増進します。

参考文献:

1. John D. Allen, Arnold van Loevezijn, Jeany M. Lakhai, Martin van der Valk,Olaf van Tellingen, Glen Reid, Jan H. M. Schellens,Gerrit-Jan Koomen, and Alfred H. Schinkel (2002) Molecular Cancer Therapeutics Vol. 1, 417-425
2. Glavinas H., et al., ABCG2 (breast cancer resistance protein/mitoxantrone resistance-associated protein) ATPase assay: a useful tool to detect drug-transporter interactions. Drug Metab Dispos. 35(9):1533-42, (2007)
3. Pál A., et al., Cholesterol potentiates ABCG2 activity in a heterologous expression system: improved in vitro model to study function of human ABCG2. J. Pharmaco.l Exp. Ther. 321(3):1085-94, (2007).
4. Van Loevezijn, A., et al., Inhibition of BCRP-mediated drug efflux by fumitremorgin-type indolyl diketopiperazines. Bioorg. Med. Chem. Lett. 11, 29-32, (2001)
5. Constitutive mRNA expression and protein activity levels of nine ABC efflux transporters in seven permanent cell lines derived from different tissues of rainbow trout
Stephan Fischer, Jovica Loncar, Roko Zaja, Sabine Schnel, Kristin Schirmer, Tvrtko Smital and Till Luckenbach