PreadyPort™

製品 Cell Line トランスポーター テクノロジー メンブレンタイプ プローブ基質 検出系 関連阻害剤 陽性対照 ダイナミックレンジ
SB PP BCRP 24-well MDCKII-BCRP BCRP
モノレイヤーアッセイ
SB PP BCRP 96-well MDCKII-BCRP BCRP
モノレイヤーアッセイ
SB PP MDR1 24-well MDCKII-MDR1 MDR1/P-gp
モノレイヤーアッセイ
SB PP MDR1 96-well MDCKII-MDR1 MDR1/P-gp
モノレイヤーアッセイ
SB PP CTRL 24-well MDCKII モノレイヤーアッセイ
SB PP CTRL 96-well MDCKII モノレイヤーアッセイ
SB PP BCRP mix 24TW MDCKII-BCRP/MDCKII (1:1) BCRP
モノレイヤーアッセイ
SB PP MDR1 mix 24TW MDCKII-MDR1/MDCKII (1:1) MDR1/P-gp
モノレイヤーアッセイ
SB PP MDR1 mix(1:1) 96MW MDCKII-MDR1/MDCKII (1:1) MDR1/P-gp
モノレイヤーアッセイ
SB PP MDR1 mix(3:1) 96MW MDCKII-MDR1/MDCKII (3:1) MDR1/P-gp
モノレイヤーアッセイ
SB PP MDR1 mix(c) 96MW MDCKII-MDR1/MDCKII (custom) MDR1/P-gp
モノレイヤーアッセイ
SB PP BCRP mix(1:1) 96MW MDCKII-BCRP/MDCKII (1:1) BCRP
SB PP BCRP mix(3:1) 96MW MDCKII-BCRP/MDCKII (3:1) BCRP
SB PP OATP2B1-BCRP 96MW MDCKII-OATP2B1 and -BCRP OATP2B1
BCRP
SB PP OATP2B1-BCRP 24TW MDCKII-OATP2B1 and -BCRP OATP2B1
BCRP
SB PP OATP2B1-BCRP mix 24TW MDCKII-OATP2B1 and -BCRP/MDCKII (1:1) OATP2B1
BCRP
SB PP OATP2B1-BCRP mix 96TW MDCKII-OATP2B1 and -BCRP/MDCKII (1:1) OATP2B1
BCRP
SB PP OATP2B1-BCRP mix 96TW MDCKII-OATP2B1 and -BCRP/MDCKII (3:1) OATP2B1
BCRP
SB PP OATP2B1-BCRP mix 96TW MDCKII-OATP2B1 and -BCRP/MDCKII (custom) OATP2B1
BCRP

製品説明

PreadyPortTM、 Ready-to-use強制発現MDCKIIモノレイヤーアッセイキット、には特定のトランスポーターを発現した分化した型MDCKII細胞が96ウェルもしくは24ウェルプレートに播種された状態で梱包されています。

PreadyPortTMキットは阻害試験、基質認識試験いずれにも適しており、しばしば特定のトランスポーターを高発現している生体内の重要な体液区画バリアにおける化合物輸送の総合イベントのモデルとしても使用されています。

PreadyPortTMキットは研究者が細胞ライセンス取得や培養などの手間に煩わされることなく、トランスポーター相互作用試験を実施することを可能にします。Advancell社によって開発され特許化されている革新的な輸送培地は輸送中も細胞のバリア性能を維持し、それによって我々は高品質ですぐに使える薬物トランスポーターアッセイキットをお客様にお届けすることができます。
強制発現MDCKII細胞を用いたモノレイヤーアッセイは良く知られたツールであり、effluxトランスポーター、uptakeトランスポーターと薬物の相互作用を試験するための方法としてFDAに推奨されています。


SOLVO BiotechnologyはADVANCELL社及びReadyCell社(スペイン)との提携により、PreadyPortTMをお客様に提供しております。

利用範囲

  • P-gpもしくはBCRPの基質取り込み評価 (direct transport studies)
  • P-gpもしくはBCRPの取り込み阻害評価 (薬物間相互作用試験)
  • P-gpまたBCRPトランスポーターを発現する生体バリアにおける薬物輸送のモデルとして
 
特徴
  • 分化型MDCKIIバリアシステム(11日システム)
  • Ready-to-use
  • ご注文後7日以内に使用可能
  • 24穴トランスウェル(コースター社)もしくは96穴トランスウェルフォーマット(ミリポア社
  • 特殊な輸送培地(特許取得)により常温での4日間の輸送を実現
  • 輸送培地は37°Cで液化した後に容易に除去できます。
  • 限定的なSingle-use Licenseにより追加費用なしに使用可能
  • サンプルアッセイプロトコル
  • サンプルプレートレイアウト

利点

  • 必要に応じて使用
  • ユーザーフレンドリーなシステムと取り扱いの簡便さ
  • フレキシビリティー:4日間で輸送能の測定が可能
  • オートメーション化にも対応
  • 自社内での細胞培養作業なしでトランスポーター試験が可能
  • 自社で細胞株の開発や導入をせずにトランスポーター試験が可能





PreadyPortTMキットとバリデーションデータについてもっと知る

導入準備のためにChemicals and Instruments needed for PreadyPortとTips for Success guide を読まれることをお勧めします(英語)

PreadyPortTM製品に近い将来MDCKII-OATPB/BCRPが追加されます。