Ready-to-use モノレイヤー

このモノレイヤーアッセイキットには特定のトランスポーターを発現した分化型MDCKII細胞が96ウェルもしくは24ウェルプレートに播種された状態で梱包されています。強制発現MDCKII細胞を用いたモノレイヤーアッセイは良く知られたツールであり、effluxトランスポーター、uptakeトランスポーターと薬物の相互作用を試験するための方法としてFDAに推奨されています。

PreadyPortTMキットは阻害試験、基質認識試験いずれにも適しており、しばしば特定のトランスポーターを高発現している生体内の重要な体液区画バリアにおける化合物輸送の総合イベントのモデルとしても使用されています。。