ATPaseアッセイ

受託試験 Cell Line トランスポーター テクノロジー メンブレンタイプ プローブ基質 検出系 関連阻害剤 陽性対照 ダイナミックレンジ
BCRP ATPase Assay BCRP
ATPaseアッセイ
Bsep - Mouse ATPase Assay Bsep - mouse
ATPaseアッセイ
MDR1/P-gp ATPase Assay MDR1/P-gp
ATPaseアッセイ
Mdr1b - Rat ATPase Assay ATPaseアッセイ
MRP1 ATPase Assay MRP1
ATPaseアッセイ
MRP2 ATPase Assay MRP2
ATPaseアッセイ
MRP3 ATPase Assay MRP3
ATPaseアッセイ

試験概要

ATPaseアッセイは被験化合物とABC(Efflux)トランスポーターの相互作用を確認する上で理想的で、コスト効率の良いアッセイです。本アッセイは目的のトランスポーターを発現した単離細胞膜を用いて実施されます。本ATPaseアッセイは一度のアッセイで(一枚のプレートで)被験化合物が阻害剤なのか基質なのかを判定できる点で優れています。さらに、本アッセイは、MDCKIIモノレイヤーのような細胞アッセイ系とは異なり、被験化合物の受動輸送の影響を受けることがありません。その低価格、シンプルさゆえに、ATPaseアッセイは比較的短時間で数多くの化合物をスクリーニングすることに適しています。

ATPaseアッセイのテクノロジーバックグラウンドをさらに知る。