肝細胞 Uptakeアッセイ

受託試験 Cell Line トランスポーター テクノロジー メンブレンタイプ プローブ基質 検出系 関連阻害剤 陽性対照 ダイナミックレンジ

試験概要

SOLVOの肝細胞uptakeアッセイは単数もしくは複数ドナーの凍結ヒト肝細胞(Celsis IVT, Neuss, Germany)を用いて実施します。SOLVOでは実験に使用される全ての凍結肝細胞を典型的な基質のトランスポーターを介した取り込みにより検証しています。これら検証実験では、典型的基質であるタウロコール酸(TC)、エストロン-3-硫酸(E3S)及び1-メチル-4-フェニルビリジニウム(MPP+)について、NTCP、OATP及びOCTそれぞれに関連した肝細胞の能動的な取り込み能が確認されています。

SOLVOでは肝細胞への取り込み試験としてオイルスピン法とフィルタープレート法の2種類の方法を提供しています。これら2つの方法は、被験化合物が肝細胞に能動的に(トランスポーターを介して)輸送されるか、受動的に(拡散によって)移行されるかを確定する有効な手段です。凍結肝細胞中での被験化合物の蓄積は一般的に被験化合物を2濃度、2-4時点で37℃下と氷冷下で暴露することにより測定されます。37℃下での細胞内の被験化合物の蓄積が能動輸送を表します、一方、氷冷下での結果は被験化合物の受動輸送を表します。

弊社の肝細胞uptakeアッセイの技術的バックグラウンド をさらに知る。 (Page in English)