ラット脳内皮細胞モノレイヤーアッセイ

受託試験 Cell Line トランスポーター テクノロジー メンブレンタイプ プローブ基質 検出系 関連阻害剤 陽性対照 ダイナミックレンジ
Rat Brain Endothelial Cell Studies Mdr1a - rat
モノレイヤーアッセイ

試験概要

ラット脳内皮細胞(RBEC)モノレイヤーアッセイは血液脳関門(Blood-Brain-Barrier、BBB)をモデル化するための優れたin vitro実験システムであり、化合物のベクトル輸送を評価することによりその脳への移行を試験します。本システムは3種類のプライマリー細胞(内皮細胞、周皮細胞及び星状膠細胞)を共培養しており、バリアの形成と重要なタンパク(例、トランスポーター)の発現を保証するものです。SOLVOは本システムにおいて、弊社のin vivo BBBトランスポーターモデルと調和する様々なアッセイ法を開発しています。RBECモデルは以下の実験に使用可能です。

  • 受動透過性試験(BBB透過性)
  • ラットMdr1a基質評価(双方向性輸送 ± 阻害剤)
  • ラットMrd1a阻害剤評価(ジゴキシンの双方向輸送± 被験化合物)
  • 開発中:ラットBcrp1基質及び阻害剤評価

実施可能試験

1. 受動透過性試験:一方向及び双方向性輸送
2. Mdr1a 基質評価試験
3. Mdr1a 阻害剤評価(DDI)試験
4. DDI – キニジン阻害のIC50の決定

実施可能セットアップ

SOLVOはまた上記の試験について2種類のセットアップを提供しています、ご提供可能な情報と費用はそれぞれ異なります。

1. ベーシックセットアップ- 1濃度での試験実施
2. 拡張セットアップ- 複数濃度、複数コントロールでの試験実施

実験パラメーターはお客様のご要望によりカスタマイズ可能です。

Rat Brain Endothelial Cell Monolayer service”ラット脳内皮細胞モノレイヤー試験について詳しく知る。