サンドイッチ培養肝細胞アッセイ

受託試験 Cell Line トランスポーター テクノロジー メンブレンタイプ プローブ基質 検出系 関連阻害剤 陽性対照 ダイナミックレンジ

試験概要

B-Clearテクノロジーを用いたTransporter Certified Hepatocyteモデル

サンドイッチ培養肝細胞は肝細胞におけるトランスポーターを介した被験化合物の排出と取り込みはもとより、薬物間相互作用を評価に一般的に持ちられるin vitroモデルです。
この培養方法により、毛細胆管構造、胆汁排泄、薬物代謝酵素の発現及び排出、取り込みトランスポーターの発現などのin vivo肝細胞の有する構造的、機能的特長を維持することが可能になります。
しかしながら、市販されているトランスポーター試験用の凍結肝細胞の多くはその品質、表現型、トランスポーター活性にばらつきがあり、再試験、開発計画の遅れ及び開発コスト増大の原因になりがちです。
一方、Qualist Transporter Solutions社が提供するTransporter Qualified hepatocyteは事前に生理学的に妥当なトランスポーター活性レベル及び胆管機能について詳細に選別、確認されており、肝細胞実験による最大の予測効果をお客様に提供いたします。
それぞれのトランスポーターのプローブ基質のクリアランス値を蓄積データと比較し、肝トランスポーター機能が許容範囲内であることを確認しています。
Qualist社が提供するTransporter Qualified hepatocyteを使用することにより生体でのトランスポーターを介したクリアランスを予測するためのより高品質なデータを得ることが可能となります。

SOLVOではTransporter Qualified ヒト凍結肝細胞もしくはラット新鮮肝細胞を用いて以下のB-clear試験の受託を承っています。

• 胆汁中排出試験
• 肝トランスポーター阻害試験
• 肝臓での薬物間相互作用の可能性評価試験


サンドイッチ培養肝細胞アッセイについてもっと詳しく知る。